東京都内のファッション専門学校からあなたの夢がスタートする

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
東京のファッション専門学校Navi » どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典 » スタイリストになるには?

スタイリストになるには?

撮影現場でモデルの服を選ぶスタイリストとカメラマン

スタイリストとは

雑誌やテレビなど、おしゃれなモデルさんや芸能人さんを支える影の大黒柱、それがスタイリスト。着る人のイメージに合わせて最適な洋服や小物、アクセサリー、靴などをトータルコーディネート。スタイリストの力量でその人の輝きが決まる、洋服のスタイリングにおくスペシャリストです。また、ブランドの新作発表会でも重要な役割を持ち、ブランドのテーマやコンセプトに合わせた素材・カラー・ランウェイ順などを的確に決めていかなくてはいけません。現場や人の雰囲気を瞬時に把握し、魅力を引き出す、そんな能力が求められる職業なのです。

ファッション業界の先輩から!
スタイリストになるためのアドバイスをCHECK!

キャリアステップ

専門知識を学んだら、まずは現場を経験しているスタイリストの元でアシスタント業務をおこないます。その中でスタイリストとしての力を培っていきます。一番手っ取り早い方法としては、服飾系の専門学校を卒業し、スタイリスト事務所が応募するアシスタントに応募する事。スタイリストにはこれといった必要な資格はないので、異業種から目指す人も多く、経験を積んでフリーランスとして活躍する人も。一般の専門学校や短大、大学、早い人では高校を卒業してからすぐにアシスタントに応募する人もいるようです。

スタイリストになるためのポイント

資格が必要ないので、誰でも年齢に関係なくチャレンジすることができます。若い人のファッションだけでなく、大人や子供、そして男性とそのスタイリングは幅広い世代に必要とされているからです。とはいえ、やはり専門知識を持っていた方が有利になることは間違いなし。

また、独学よりも専門学校に通う方が大きな強みになります。講師は第一線で働くプロが多く、業界のツテはもちろん、アシスタントの現場研修なども受けられるので、より現場に近いものを学ぶことができます。

ファッション業界で働く先輩からのアドバイス

ファッションデザイナー大原由梨佳

「IN-PROCESS」代表/デザイナー 大原由梨佳さん
洋服やグッズ(靴やアクセサリー)の知識、最新の流行を持っていることが最低条件です。また、カメラマンやヘアメイク、モデルやタレントと共同で新しいスタイルを生み出していくので、いつも元気で明るいコミュニケーション力を求められます。「パーソナルスタイリスト」という個人に対するスタイリストも注目されるようになり、日常のビジネスやストリートで着用するスタイリングを、個性に合わせるリアルなコーディネーション力も必要です。

専門学校でトータルファッションセンスを学ぼう

スタイリストは、借りてきた洋服を独自のセンスでコーディネートしたり、モデルや芸能人の魅力を引き立てるためのセンスがなければいけません。また、必要があれば縫製して着る人に合わせたアレンジをすることもあります。現場では臨機応変、瞬発力、そして柔軟性が必要となりますので、できるだけ場数を踏むのが大事。

専門学校であれば、専門用語といった現場での独特の会話や洋裁、メイクなど、ファッション全般を学ぶことができるので、いざアシスタントとして現場に入ったときにスムーズに動けるものとなります。インターンシップ制度などで、学生の時に現場を体験できるのも大きな魅力です。

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典
Copyright (C) 好きを仕事に、服を仕事に 東京のファッション専門学校 All Rights Reserved.

サイトマップ