東京都内のファッション専門学校からあなたの夢がスタートする

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
東京のファッション専門学校Navi » どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典 » ブランドプロデューサーになるには?

ブランドプロデューサーになるには?

オリジナルファッションブランドの店舗内の様子

ブランドプロデューサーとは

ブランドプロデューサーとは総括責任者のことで、コンセプト立案や企画、プレス、販売において責任ある立場。最新トレンドに敏感であることはもちろん、マネージメントでは数字に強く、企画などでは分析力も求められるものとなります。将来的には自分のオリジナルブランドを立ち上げることも可能。全行程の管理をする立場なので、その責任は非常に大きいもの。責任感が強く、一つ一つの物事にしっかりと対応、計画的に実行できるようでないと難しい仕事です。管理能力やコミュニケーション力など、人との接点を円滑に進める潤滑油でもあるのです。

ファッション業界の先輩から!
プロデューサーになるためのアドバイスをCHECK!

キャリアステップ

アパレルメーカーなどに入社し、スタッフとして経験を積むことから始めるのが一般的。経験次第でファッションプロデューサーとして皆をまとめる立場になり、プロデューサーとしての基本業務を身につけていくことに。販売だけでなく企画やプレスなどについての知識も得ていきます。さらにファッションプロデューサーの上にはチーフと呼ばれる上司がおり、スキルやマネジメント能力次第では独立することも。独立するとなると、資産運営といった経営ノウハウについて学ばなければならず、また従業員の教育も必要となります。

ブランドプロデューサーになるためのポイント

ブランドプロデューサーは、現場での経験値がものを言います。企画から販売まで全工程を把握・管理しなければならないので、業界の仕組みや流れをつかむ必要がある。ファッションデザインの知識だけでなく、マーケティングや生産管理などの販売・運営について学んでおくのがおすすめです。

ファッション業界で働く先輩からのアドバイス

ファッションデザイナー大原由梨佳

「IN-PROCESS」代表/デザイナー 大原由梨佳さん
ブランドを新しく作ったり、既存ブランドのイメージを刷新するためには、そのブランドに携わる全ての人を調整し、まとめ上げる統率力が必要です。競合となるブランドやターゲットの情報だけでなく、異なる分野や異業種の情報、アートやカルチャーの情報からビジネス、国内だけでなく、世界的な視野の広い情報を収集、分析できる能力が必要です。

専門学校でプロデュース力を学ぼう

ファッションの基礎はもちろんですが、ブランドプロデュース力や業界研究、メディア戦略など、ビジネス面における授業を受けておくと役立ちます。現場をまとめるブランドプロデューサーが講師として授業をすることも珍しくないので、よりリアルな経験談で将来に生かせるはずです。

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典
Copyright (C) 好きを仕事に、服を仕事に 東京のファッション専門学校 All Rights Reserved.

サイトマップ