東京都内のファッション専門学校からあなたの夢がスタートする

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
東京のファッション専門学校Navi » どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典 » パタンナーになるには?

パタンナーになるには?

さまざまなパターンの布地

パタンナーとは

パタンナーとは、デザイナーが描いたデザイン画を、実際に仕立てるための型紙(パターン)を作る仕事。つまり、洋服の設計図作り。近年では、CAD(製図ソフト)を使って製作するようになってきておりサイズ展開も容易になってきています。

デザイナーが描いたイメージを、どれだけ実現することができるか、それは、パタンナーの腕にかかっていると言ってもいいほど。平面のデザイン画を、立体的な服に仕立てなければいけないので、型紙が描けるだけでなく、生地のカット方法や製法についての専門知識も必要。服づくりの成功を決めるともいえる、重要な役割を持っているのです。

ファッション業界の先輩から!
パタンナーになるためのアドバイスをCHECK!

キャリアステップ

技術職になるので、専門学校などでパタンナーに関する技術・知識を身につけるのが一般的。単にファッションに詳しいぐらいでは採用されることはありません。最初はアシスタントとして先輩パタンナーの元で修業し、さまざまな型紙制作を経験していかなくてはいけません。

また、フリーランスとして活動することもできますし、デザイナーとして自分でデザインも考えて作ったりと、パタンナーから大きく活動範囲を広げることも夢ではないのです。

パタンナーになるためのポイント

平面のデザイン画から立体物を作り出すので、型紙を作る技術だけでなく、イメージ力や体の構造、生地についても把握していないと難しいです。また、パターンメーキング技術検定とCAD検定は、取得しておくと就職にも有利。

パターンメーキング技術検定は1級から3級までありますが、専門的知識があるとみられる2級以上を目指すのがおすすめです。今後はCADでパソコン上で仕事をおこなうことがどんどん増えていくでしょうから、CADが使えるのは必須ともいえます。

ファッション業界で働く先輩からのアドバイス

ファッションデザイナー大原由梨佳

「IN-PROCESS」代表/デザイナー 大原由梨佳さん
一言「技術力」が必要です。美しいシルエットを生み出す能力も経験を積み重ねることでしか身につけることができません。アシスタントでもプロとしての経験を積んでいくことが必要です。加えて、90%以上の製品が海外で縫製されていますので、型紙をWEBで送信できるように、アパレルCADなどのデジタル能力も必須スキルです。

専門学校でイメージ力を学ぼう

パタンナーは、渡されたデザイン画からイメージができないと型紙を作ることはできません。完成形を頭の中でイメージし形にしていくには、ある程度の経験が必要。当然、ファッションセンスも必要ですし、最新トレンドにも明るくないと、デザイン画をみても理解しにくい事に。専門学校であれば、パタンナーの専門知識だけでなく、イメージトレーニングのように形にする力を身につけることができます。

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典
Copyright (C) 好きを仕事に、服を仕事に 東京のファッション専門学校 All Rights Reserved.

サイトマップ