東京都内のファッション専門学校からあなたの夢がスタートする

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
東京のファッション専門学校Navi » どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典 » デザイナーになるには?

デザイナーになるには?

デザイン画に色を塗る手元

デザイナーとは

ファッション界のなかでも華やかなイメージがある職業。レディース、メンズ、子供服、小物と幅広いデザイン力が求められます。オリジナルブランドとすでにある既製服や小物のデザインとあり、どちらもブランドの方向性やトレンドなどからコンセプトを企画・デザインするところは一緒。他にも、素材の選定や型紙作成、仮縫い、サンプルチェック、工場への生産指示など企画から完成まで、長い時間をかけて作っていきます。深い専門知識と技術が必要となる、まさに職人気質の職業なのです。

ファッション業界の先輩から!
デザイナーになるためのアドバイスをCHECK!

キャリアステップ

一般的には、専門学校で技術・知識を身につけてから企業に入社。ただ、なかにはアパレル関係の仕事についていた人が、その経験を活かして転身することもあります。最初はアシスタントから始まり、学校とは違うプロの世界でデザイナーとしての力を付けていきます。将来的には、オリジナルブランドを立ち上げる人もいます。業種としては、製造メーカーや商社、SPAやラグジュアリーブランド、セレクトショップです。

デザイナーになるためのポイント

デザイナーは流行を作り出す力も要求されるものなので、これまでになかったような発想力が求められます。イメージしたものを魅力的に作り出し、見た目だけでなく用途や機能、そして生産性も考慮してデザイン。そのため、ただデザイン力があればいいというものではありません。生地や素材などについての知識も必要です。また、企画立案から実際に商品としてお客様の手に渡るところまで考える必要があり。プレゼン力はもちろん、パタンナーや縫製工場など、関わる人とのコミュニケーション力も求められるものとなります。

ファッション業界で働く先輩からのアドバイス

ファッションデザイナー大原由梨佳

「IN-PROCESS」代表/デザイナー 大原由梨佳さん
ものが溢れ過ぎている世の中で、自分の特性は何なのか?を考える必要があります。学生の内に、様々なスタイルで表現したり、色々な素材で数多くの洋服を作り、先ずは洋服を通して自己表現をしてください。好きなものだけでなく、嫌いなものにも興味を向け、違った角度から物事を考えられるよう、常に変化できるようにしてください。

専門学校でファッションセンスを学ぼう

デザイナーを目指すなら、ファッションセンスやトレンドを分析してその先にある流行を見抜く力も必要。また、パタンナーとしての知識・技術もないと、実現できるデザインを作ることが難しいもの。センスというと、才能によるものと思われがちですが、これも経験を積むことで磨くことができます。専門学校であれば、技術・知識だけでなく、いろんな人との交流でセンスも自然と身につくものとなります。

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典
Copyright (C) 好きを仕事に、服を仕事に 東京のファッション専門学校 All Rights Reserved.

サイトマップ