東京都内のファッション専門学校からあなたの夢がスタートする

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
東京のファッション専門学校Navi » どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典 » デザイナーになるには?

デザイナーになるには?

デザイン画に色を塗る手元

デザイナーとは

ファッション界のなかでも華やかなイメージがある職業。レディース、メンズ、子供服、小物と幅広いデザイン力が求められます。オリジナルブランドとすでにある既製服や小物のデザインとあり、どちらもブランドの方向性やトレンドなどからコンセプトを企画・デザインするところは一緒。他にも、素材の選定や型紙作成、仮縫い、サンプルチェック、工場への生産指示など企画から完成まで、長い時間をかけて作っていきます。深い専門知識と技術が必要となる、まさに職人気質の職業なのです。

ファッション業界の先輩から!
デザイナーになるためのアドバイスをCHECK!

キャリアステップ

一般的には、専門学校で技術・知識を身につけてから企業に入社。ただ、なかにはアパレル関係の仕事についていた人が、その経験を活かして転身することもあります。

最初はアシスタントから始まり、学校とは違うプロの世界でデザイナーとしての力を付けていきます。将来的には、オリジナルブランドを立ち上げる人もいます。業種としては、製造メーカーや商社、SPAやラグジュアリーブランド、セレクトショップです。

ファッションデザイナーになるための方法を解説

デザイナーになるためのポイント

デザイナーは流行を作り出す力も要求されるものなので、これまでになかったような発想力が求められます。イメージしたものを魅力的に作り出し、見た目だけでなく用途や機能、そして生産性も考慮してデザイン。そのため、ただデザイン力があればいいというものではありません。生地や素材などについての知識も必要です。

また、企画立案から実際に商品としてお客様の手に渡るところまで考える必要があり。プレゼン力はもちろん、パタンナーや縫製工場など、関わる人とのコミュニケーション力も求められるものとなります。

専門学校でファッションセンスを学ぼう

デザイナーを目指すなら、ファッションセンスやトレンドを分析してその先にある流行を見抜く力も必要。また、パタンナーとしての知識・技術もないと、実現できるデザインを作ることが難しいもの。センスというと、才能によるものと思われがちですが、これも経験を積むことで磨くことができますそのための経験を積む手段としておすすめしたいのが「専門学校に通うこと」です。専門学校であれば、基礎から応用までの幅広い技術・知識だけでなく、いろんな人との交流でセンスも自然と身につくものとなります。

また、デザイナーにとって有利な資格の取得や受験が可能になることや、専門学校による就職支援などの機会があるという点も大きなメリットです。

企業側も専門学校からの採用を一般的な道として考えている傾向が強いので、ファッションデザイナーを目指す人にとって、第一に考えたい選択肢であると言えるでしょう。

アパレルメーカーでファッションセンスを身につけるのも手

ファッションデザイナーになるためには「幅広い知識と技術を身につけられる専門学校に通う」という方法がもっとも一般的かつ効率的でおすすめですが、その他の方法のひとつとして「アパレルメーカーで仕事をする」という手もあります。

もちろん、未経験者で専門的知識も何もない状態で、いきなりアパレルメーカーに「デザイナーとして雇ってほしい」と言っても無理があります。

しかし、たとえば「アパレルショップの販売員としてバイトをこなし、仕事の中でファッションセンスを磨き、晴れて正社員になったらデザイン関係の道を目指している意向を会社に伝えるなどして部署異動を目指し、デザイナーとしての道を切り開いていく」という方法なら、可能性はあるのです。

デザイナーの弟子になる方法もあり

ファッションデザイナーになるための手段としては他にも「弟子入り」という手もあります。

憧れのデザイナーさんが居るので、その人のもとでどうしても学びたい」という強い気持ちがある人は、この道を考えてみてもいいでしょう。ただし、当たり前の話ですが、全てのデザイナーが弟子入りを認めるわけではありません

「運が良ければ弟子になれる可能性もある」ということを理解した上で、SNSなどでコンタクトをとったり、デザイン事務所に行って直接会うなどして弟子入りのお願いをしてみるのもいいでしょう。

また「弟子入りにチャレンジしてみたものの断られた」という状態になる可能性も想定し「その場合は専門学校に行く」など、ダメだった場合の次の手を事前に考えておくことがおすすめです。

運よく弟子入りできれば、憧れのデザイナーの仕事を間近で見られるという大きなメリットがありますが「弟子が多すぎて、デザイン関連の業務に関わることができない」「思った以上に厳しい環境」などという状態になるリスクも大いにはらんでいます。

甘い考えではなかなか続かない、強い覚悟と情熱が必要な道ですが、その点に自信がある人にとっては、悪い選択肢ではないかもしれません。

独学でファッションデザイナーになることは可能か

ファッションデザイン

ファッションデザイナーは「ファッションデザイナーという名の資格を持っていなければなれない」というわけではなく、極端な話をすれば「今日から私はファッションデザイナーだ」と自称することも、やろうと思えばできなくはありません。

そして、ファッションデザイナーを目指す人の中には「これがないと絶対にデザイナーになれない、というような必須の資格というのものがないのなら、独学でもデザイナーになれるのではないか」と考える人もいます。

独学でデザイナーになることは、不可能とまでは言えません。本当に独学でデザイナーとしてふさわしい知識や技術を身につけた人もいます。

しかし、独学ではどうしても学習内容に偏りや見落としが出てしまいやすいですし、仮に偏りや見落としのないよう細心の注意をはらい、本当にきちんと学んだとしても「デザイナーとしての仕事を得る」というところに、高いハードルが待ち受けます。

たとえばデザイナーの求人をしている会社が「専門学校でデザイナーになるための知識と技術を身につけ、関連資格も取得してきている」という応募者と「独学で目立った資格も持っておらず、その知識や技術のレベルもどこまでなのか不明確」という応募者のどっちを選ぶかとなると、ほとんどは前者を選ぶでしょう。

もちろん、独学でも就職ができて活躍しているデザイナーも存在しますが、「専門学校で学んだ」「弟子入りして修行を積んだ」という経歴を持つ人たちと比べると、どうしても就職のスタートラインで不利になりやすいことは否めません。

かなりのコミュニケーションスキルを持ち、自分の熱意や知識・技術を的確に伝えられる人でないと、就職そのものがきわめて狭き門となってしまうのです。

このような事情からも、「資格とかが必須ではないなら独学でもいいや」という軽い気持ちで独学の道を選ぶことはおすすめできません。

ファッションデザイナーに有利な資格

ファッションデザイナーになるために有利な資格としては、おもに以下のようなものが挙げられます。

高度専門士

4年制の専門学校などで取得可能な資格。

学歴や待遇面で大卒と同等になれる資格というだけでなく「高い専門能力を持つ人材である」ということも認められる資格です。

ファッションデザイナー認定試験

日本デザインプランナー協会による民間試験。

「ファッションの名称や形、機能面・デザインなどの知識を持ち合わせている人材である」と認定するための試験です。ファッション業界の中での認知度も高い資格なので、取得しておいて損はありません。

繊維製品品質管理士(TES)

繊維の品質を保つために欠かせない資格。

繊維を適切に取り扱い・管理し、消費者との信頼関係を確かなものにします。

色彩検定

色彩の知識があることを証明するための資格です。色を学ぶことで色のセンスを磨き、色を自由に使いこなせるようになれば、ファッションビジネスの面でも大いに役立ちます。

これと似た資格として「カラーコーディネーター検定試験」が挙げられますが、よりファッション業界向きの資格と言えるのは、色彩検定のほうです。

なぜなら、色彩検定は元々、服飾系の団体から発祥した資格なのでデザイン系に強みを持っているのに対して「カラーコーディネーター検定試験は商工会議所が主体の資格」という大きな違いがあるからです。

カラーコーディネーター検定試験は、どちらかと言えば工業分野に強いという特徴があります。

もちろん両方の資格を取るのが理想的ではありますが、「どちらかひとつ」とするなら、色彩検定を選ぶことをおすすめします。

洋裁技術認定試験

「洋裁に関する基本技術や専門知識をマスターしている」と認定するための資格です。

さらに、この資格取得で得た知識や技術を社会に証明することを目的としているので、実践的な資格という点でもおすすめです。

パターンメーキング技術検定

「デザイン画をもとに型紙をおこし、それを立体化する」というパターン作成にの基本的な技術と知識、さらにそれに関連するファッションの技術と知識についても評価・認定するための資格です。

服飾インストラクター認定試験

色使いや着こなし、ファッションデザインの基礎知識などを有していると認められる資格です。

しかもこの資格は「インストラクター」としての認定資格なので「この資格に関連する知識を、人に教えられるだけのレベルで有している」ということが認められている、というのも大きな強みです。

ファッション業界で働く先輩からのアドバイス

ファッションデザイナー大原由梨佳

「IN-PROCESS」代表/デザイナー 大原由梨佳さん
ものが溢れ過ぎている世の中で、自分の特性は何なのか?を考える必要があります。学生の内に、様々なスタイルで表現したり、色々な素材で数多くの洋服を作り、先ずは洋服を通して自己表現をしてください。好きなものだけでなく、嫌いなものにも興味を向け、違った角度から物事を考えられるよう、常に変化できるようにしてください。

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典
Copyright (C) 好きを仕事に、服を仕事に 東京のファッション専門学校 All Rights Reserved.

サイトマップ