東京都内のファッション専門学校からあなたの夢がスタートする

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
東京のファッション専門学校Navi » どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典 » バイヤーになるには?

バイヤーになるには?

MTGで談笑する女性

バイヤーとは

ファッション業界の中でも特に大変な職種。与えられた予算の中で、ブランドのコンセプトやテーマに合わせた商品をメーカーや国内外のブランドから買い付けてこなければいけません。時には価格交渉をおこなうことも。また、売れる商品を見極めるのには、日々のリサーチが必要。トレンドをネットで調べ、街やお店を見て回って何が売れているのか調べ、店員さんとのコミュニケーションなどからも情報収集します。

さらに、良い品を見つけるだけでなく、売れるための商品トレーニングやアフターケアが必要な場合も。先見の明と営業力、さらにはマネジメント力も必要となる、まさに経営者並みの力量が求められる仕事なのです。

ファッション業界の先輩から!
バイヤーになるためのアドバイスをCHECK!

キャリアステップ

ショップスタッフやマネージャーなど、ある程度の販売経験を積んでからバイヤーになる人が多数。販売するための接客や商品知識はもちろんですが、消費者が何を求めているのかを読み取れるようにならないと、売れる商品を見極めるのは難しいのです。

また、アパレルのMDなどの企画からバイヤーになる人も。ほとんどが大学や専門学校で勉強して、知識を身につけてから会社に入社する形でバイヤーを目指します。フリーランスでのバイヤーというのは非常に少ないものとなっています。

バイヤーになるためのポイント

バイヤーになるには資格はいりませんが、ある程度の経験やスキルが必要。洋服や靴などのセレクトショップであれば、ファッションセンスは必須。百貨店といったいろんな商品を扱っている場合は、特定の分野だけの知識よりも、幅広い視野で物事が見れるのが好ましいです。まずはバイヤーとしての知識をみにつけ、商品販売の現場で消費者が求めるニーズを体感したほうがいいでしょう。

ファッション業界で働く先輩からのアドバイス

ファッションデザイナー大原由梨佳

「IN-PROCESS」代表/デザイナー 大原由梨佳さん
ターゲットとなる消費者が何を求めているかを知っていることが最重要です。特にライフスタイルの一部として洋服を楽しむ時代になってきたので、洋服だけの知識ではなく、生活全般、社会全般、時代を読む広い情報蒐集方法を身につけることが必要です。

専門学校で広い視野を身に着けよう

バイヤーとして適切な判断をするには、ファッションセンスだけではなく幅広いジャンルのセンスが必要です。センスが良いと自然と目利きも良くなり、人がみて「これ、いい!」と思えるものを選べるようになります。そのためには、センスが磨ける場所にいるのが一番。専門学校であれば、最新のトレンドはもちろん、質の良いファッションに触れる事ができます。そうした環境に長くいることで自然とセンスも磨かれ、本当に良い品、消費者を魅了する商品を見つけられるようになります。

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典
Copyright (C) 好きを仕事に、服を仕事に 東京のファッション専門学校 All Rights Reserved.

サイトマップ