東京都内のファッション専門学校からあなたの夢がスタートする

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
東京のファッション専門学校Navi » どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典 » バイヤーになるには?

バイヤーになるには?

MTGで談笑する女性

バイヤーとは

ファッション業界の中でも特に大変な職種。与えられた予算の中で、ブランドのコンセプトやテーマに合わせた商品をメーカーや国内外のブランドから買い付けてこなければいけません。時には価格交渉をおこなうことも。また、売れる商品を見極めるのには、日々のリサーチが必要。トレンドをネットで調べ、街やお店を見て回って何が売れているのか調べ、店員さんとのコミュニケーションなどからも情報収集します。

さらに、良い品を見つけるだけでなく、売れるための商品トレーニングやアフターケアが必要な場合も。先見の明と営業力、さらにはマネジメント力も必要となる、まさに経営者並みの力量が求められる仕事なのです。

ファッション業界の先輩から!
バイヤーになるためのアドバイスをCHECK!

バイヤーのキャリアステップ

ファッション系専門学校に通うのが一般的

バイヤーになるために必要な資格は特にありません。ですが、バイヤーになるにはファッションセンスを磨かなくてはなりません。このため、服飾について学べる専門学校で勉強した後、アパレル関係の企業に就職するという人が多くいます。大学や短大などにも同様の学科はありますが、専門学校で短期間にしっかりと勉強すれば就職への道は開かれています。

まずは企業に入ること

百貨店や量販店で働くバイヤーはさまざまな商品の買いつけを担当するため、特定のジャンルの知識というよりも幅広い視野を持っているかどうかや企業の経営に貢献できる人材であるかどうかが大切になってきます。そのため、多くの人が大学や専門学校で勉強してさまざまな知識を身につけてから、就職試験を受けて企業に入社しています。フリーランスでバイヤーをするようなケースは非常にまれです。

社内でバイヤーに転職することも

アパレル業界で働くにしても職務経験のないバイヤーを募集しているところは少なく、就職していきなりバイヤーの仕事を任せてもらえることはありません。バイヤーは、店に並べる商品を買いつける職業なので、店の今後の売り上げを左右する大役です。

なので、一般的には入社後はまず店頭で接客をしながら、店の客層を把握したり売れ筋の商品を分析したりして修行を積むところからスタートします。そのため、最初はショップ店員として就職したのに、気がついたらバイヤーの仕事をしていたり、ということも実際にあります。

他業種からの転職はアリか

手に職をつける仕事ということもあって、将来長く続けていける仕事としてバイヤーを選ぶ人もいます。他業種に就職したものの、バイヤーを目指したい…ということも現実にあるでしょう。社会人経験はプラスに働くので転職できないということはありませんが、30歳を過ぎてから一念発起してバイヤーに転職するというのは、あまり現実味がありません。

バイヤーになるには企業に入社、店舗での修行の期間が10年以上かかる大手百貨店もあります。また、バイヤーになってからも国内外の展示会などで見た商品を仕入れるところから始まり、徐々に自ら商品を発掘していく…と道のりが長い為、他業種から転職する場合は30歳前までが良さそうです。

バイヤーに求められる能力

ファッションの感性

日頃からファッションの感覚を鋭くしておくことが必要なので、洋服が好きであることが第一条件となります。

分析力

自分の感性だけでなく、それが売れるかどうかという見極めが最も大事なため、客観的に市場を分析したり、自社の店舗の売れ筋商品をデータから把握する分析能力が大切です。仕入額から原価や利益の計算も適切にしなければならないので、数字についての苦手意識がないほうがいいでしょう。

交渉力

海外への買い付けも必要となるので、語学力も必要となります。外国人であっても物怖じせず、交渉できるような性格が向いています。

バイヤーになるためのポイント

バイヤーになるには資格はいりませんが、ある程度の経験やスキルが必要。洋服や靴などのセレクトショップであれば、ファッションセンスは必須。百貨店といったいろんな商品を扱っている場合は、特定の分野だけの知識よりも、幅広い視野で物事が見れるのが好ましいです。まずはバイヤーとしての知識をみにつけ、商品販売の現場で消費者が求めるニーズを体感したほうがいいでしょう。

ファッション業界で働く先輩からのアドバイス

ファッションデザイナー大原由梨佳

「IN-PROCESS」代表/デザイナー 大原由梨佳さん
ターゲットとなる消費者が何を求めているかを知っていることが最重要です。特にライフスタイルの一部として洋服を楽しむ時代になってきたので、洋服だけの知識ではなく、生活全般、社会全般、時代を読む広い情報蒐集方法を身につけることが必要です。

専門学校で広い視野を身に着けよう

バイヤーとして適切な判断をするには、ファッションセンスだけではなく幅広いジャンルのセンスが必要です。センスが良いと自然と目利きも良くなり、人がみて「これ、いい!」と思えるものを選べるようになります。そのためには、センスが磨ける場所にいるのが一番。専門学校であれば、最新のトレンドはもちろん、質の良いファッションに触れる事ができます。そうした環境に長くいることで自然とセンスも磨かれ、本当に良い品、消費者を魅了する商品を見つけられるようになります。

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
どうすればなれる?ファッション業界お仕事辞典
Copyright (C) 好きを仕事に、服を仕事に 東京のファッション専門学校 All Rights Reserved.

サイトマップ