東京都内のファッション専門学校からあなたの夢がスタートする

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
東京のファッション専門学校Navi » 文化服装学院

文化服装学院

文化服装学院HPキャプチャ

引用元:文化服装学院公式(http://www.bunka-fc.ac.jp/)

生徒の声
文化服装学院の口コミ評判

「技術はしっかり身に付きます」在校生・男性

国内だけでなく海外からの留学生も多いので、いろんな価値観に触れられます。基礎から教えてくれるので、技術的なものはしっかりと身につきます。外部から第一線で活躍している方が講師として来られるので、学校だけにとどまらない刺激があります。

「自分のセンスを十分に発揮できる」卒業生・女性

大好きな服についてたくさん学べるうえ、自分独自のセンスを求められることも多いので、十分に個性を発揮できます。学校の仲間もみんな洋服が大好きなので、すぐ仲良くなれるし、大好きな洋服にいつも触れていることで、さらに愛が深まります。卒業したあとも、みんなアパレルのデザインや、販売員などの仕事に就いていて、充実した日々を送っています。

「刺激的な仲間と切磋琢磨できる学校です」卒業生・女性

技術も経験もほとんどないまま入学したのですが、基礎から細かく教えてもらえて、とても良い学校でした。施設も充実していますし、学生のみんなもオシャレで、個性的なものを作るので、とても刺激を受けられます。ファッションが好きな方は入って損はないと思います。有名な方の講義も聴けますし、実習の授業ではクラスメイトと意見を出し合ったりできてとても楽しいです!

日本初の服装教育認定校!伝統ある専門学校

1923年、日本初の服装教育の学校として認定された歴史と伝統あるスクール。企画からデザイン、製作、流通まで、ファッション産業界の流れを表した設備で、現場に近い作業ができます。世界各国から学びに来る生徒も多く、留学生との交流からも刺激を受けられる…そんな環境なのです。

卒業生には山本耀司(ヨウジヤマモト)、渡辺淳弥(ジュンヤワタナベ)、高田賢三(KENZO)、宮前義之(イッセイミヤケ)ら、世界的に高名かつアヴァンギャルドなデザイナーを多数輩出しています。

2015年には、イギリスのファッション情報ブログ『The Business of Fashion』(BoF)が発表した服飾学校ランキングにおいて世界第2位に格付けされました。

ランキングは世界的な影響力、学習経験、長期的な価値という3つの観点から評価。文化服装学院は、日本最初の服飾学校として設立されて以後、コンスタントに世界に名だたるデザイナーを輩出し続けている実績に加えて、キャリア面におけるサポート体制も高い評価を受け、この順位につながっています。

卒業後半年以内に職業に就いている卒業生は95%という事実が、サポート体制がいかに充実したものであるかを物語っているでしょう。

デザイナーだけでなく、ブティックを開いたり、スタイリストになったりなど、卒業生にはmファッション業界で活躍するための幾通りもの進路が開かれています。

新宿にある地下1階、地上20階からなる校舎には、企画、デザイン、製作、流通、あらゆる現場に即した設備機器が完備されており、まさにファッション業界で活躍する人材を目指すのには最高の環境です。

主なコース紹介

学科は昼間の部と夜間部とに分かれています。昼間は服飾専門課程(服飾科・服飾研究家)、ファッション工科専門課程(ファッション高度専門士科・ファッション工科基礎科)、ファッション流通専門課程(グローバルビジネスデザイン科・ファッション流通課)、ファッション工芸専門課程(ファッションテキスタイル科・ファッショングッズ基礎科)とあり、最初の1年次は基礎をやり、2年次・3年次からより専門的なコース、専攻へと移っていきます。

ファッション流通専門課程グローバルビジネスデザイン科は4年と、通常よりも長い期間を要する事になります。

夜間部は服飾専門課程(服飾科)とファッション流通専門課程(ファッション流通科)の2コース。

服飾専門課程

服飾専門課程は、ファッションを総合的に捉えることを目的とし、服飾全般に関して基礎知識から学ぶ最も基本的な学科。2年間を通じて、パターン製作や縫合などの基礎技術、素材の知識やデザインの基礎、服装の歴史など幅広く服飾を学びます。2年の修業を終えたら各専攻科に進学可能。自分のやりたいことに応じてより専門的な学習ができます。

ファッション工科専門課程

ファッション工科専門課程は、3年または4年制の学科を設置する、デザインや企画、生産、販売戦略など、あらゆる分野におけるスペシャリストの養成を目的とした課程。4年制のファッション高度専門士科を卒業すれば、文化ファッション大学院大学へ進学することが可能です。

ファッション流通専門課程

ファッション流通専門課は、主にファッションビジネスにおいて活躍できる人材の育成を目的とされています。

4年制のファッション流通高度専門士科では、大手ファッション企業のディレクターや総合職、バイヤー、プレスなどの職種を目標とし、企業とのコラボレーションなどを行なって産業への適応力を磨きます。

2年制のファッション流通科ではショップスタイリストやモデル、メイクアップアーティストら、ファッションの流通に関わる多様な職種に対応して、流通の仕組みや販売促進について総合的に学べます。修了後にはファッション流通専攻科に進学可能です。

ファッション工芸専門課程

スタイリスト

ファッション工芸専門課程はファッションテキスタイル科とファッショングッズ基礎科に分かれ、いずれも3年制。テキスタイルデザイナーや、帽子やジュエリー、バッグ、シューズの造形など、ファッション業界の中でも、より専門度の高い分野で活躍する能力を養えます。

ダブルスクールはできる?

週5回の2年制で、夜間コースがあります。現状通っている大学での単位取得の見込みがある、あるいは高学年でほとんど卒業に必要な単位を取り終えている、というような状況であれば、夜間部との両立は可能です。

ただ夜間部の服装科は技術重視のカリキュラムになっているので、カリキュラムの内容を確認し、自分のやりたい勉強と合っているかどうか判断する必要があります。 夜間部に通う学生の実態としては、85%の学生がアルバイトを含め、働きながら通学しているという状況です。

目指せる職種

マーチャンダイザー/ディレクター/プランナー/各種デザイナー/パタンナー/グレーダー/サンプルメーカー/生産管理・生産企画/商品管理・商品検査/テキスタイルデザイナー/プロデューサー/バイヤー/エディター/スタイリスト/ファッションモデル/セールスプロモーター/プレス/営業・営業企画/リテールマーチャンダイザー/ビジュアルマーチャンダイザー/セールスマネージャー/スーパーバイザー/販売員

ファッション業界には、大きく分けて「作る」「伝える」「売る」という3つの仕事のやり方があります。文化服装学院は、そのなかのどんなタイプの仕事をでも目指すことができるよう、総合的なカリキュラムと就職への充実したサポート体制を備えています。

ファッションを「作る」仕事

ファッションを「作る」仕事とは、服や小物などのアイテムを企画し、形にする仕事。シーンの花形であるファッションデザイナーに加え、平面であるデザイン画を「服」という立体物にするために型紙を起こすパタンナー、高い裁縫技術で実際の服の形に作り上げるサンプルメーカーなど、服を作る工程にはさまざまな職種が関わっています。

ファッションを「伝える」仕事

ファッションを「伝える」仕事とは、ブランドやショップ、アイテムの魅力を多くの人に向けて発信すること。コレクションや展示会に足を運んで、次のシーズンの流行を作るアイテムを発注するバイヤー。テレビや映画に出るモデルや俳優のファッションをコーディネートするスタイリスト。自身がファッションアイテムを身につけ、ショーや雑誌に出演するファッションモデルもまた「伝える」仕事の一つです。文化服装学院はモデルも数多く輩出しています。

ファッションを「売る」仕事

ファッションを「売る」仕事は、アイテムを直接お客さまの手に届ける仕事。主な職種は販売員です。販売員に求められる、洋服の特徴や流行に関する知識、および洗練されたコーディネート力を、非常に高度なレベルで文化服装学院では培うことができます。ショップの空間デザインや、服の展示の仕方を考え、ビジュアル面でショップをプロデュースするビジュアルマーチャンダイザーも「売る」仕事の選択肢の一つです。

講師陣の特徴

客員教授にコシノジュンコやコシノヒロコ、鈴木 紀男など、ファッション業界の有名人がそろいます。特別講師なども含めると、300名前後の講師陣が授業をおこなっています。

文化服装学院は、教員が専門技術を習得するための研究や研修を奨励する組織である研究企画委員会を設置。教員たちの知識や技術、実務能力の向上を目指し、毎年研修が行われています。 また、一定の修業年数に達した教員に向けて、指導力の向上や役割認識を目的とした研修も実施されており、常に教育内容の高い専門性が保たれています。

学費と通学期間(Wスクールの有無)

就職サポート

これまでたくさんの卒業生を世に送り出し、その多くの卒業生が現場で活躍しているといった実績からも、ファッション業界との信頼関係は強く、産学連携からも就職活動においてはさまざまなサポートが可能。

専門のキャリア支援室には、専任スタッフが常駐し、学院独自の就職ナビシステムで求人情報を提供しています。

さらに、在校生向けのアルバイト、卒業後のキャリア支援室の利用と、転職・再就職相談等のサポートも受けられるようになっています。もちろん、インターンシップ制度もあり、年間150社以上で実施しています。

文化服装学院へのアクセス

所在地 東京都渋谷区代々木 3-22-1
アクセス JR小田急線「南新宿」から徒歩7分

なりたい姿で選ぶ!東京のファッション専門学校おすすめ3選
編集部のおすすめ
東京ファッションテクノロジーラボ
【見学レポ】東京ファッションテクノロジーラボに潜入してきた
文化服装学院
【見学レポ】文化服装学院に潜入してきた
東京服飾専門学校
【見学レポ】東京服飾専門学校に潜入してきた
Copyright (C) 好きを仕事に、服を仕事に 東京のファッション専門学校 All Rights Reserved.

サイトマップ